ABOUT Hazardous Materials ENGINEER危険物乙四とは

危険物乙4とは危険物乙種四類取扱者の資格のことを言い、国家資格です。ここでは、危険物乙四について説明します。

危険物乙四ってなに?WHAT’S Hazardous Materials

そもそも「危険物」とは、消防法別表で指定された「燃えやすい」「爆発しやすい」こういった性質の強いものをいいます。
「危険物」を取り扱っているところ(事業所)では、危険物の知識をもった人が必要です。
資格試験に合格すると、危険物を取扱うための知識を持っていると『国が認定』(=国家資格)し「危険物取扱者免状」が発行されます。

「危険物取扱者」の免許状と取り扱える危険物

甲種:全ての危険物が取り扱える
乙種:免状に書かれた類の危険物のみ取り扱える
丙種:ガソリン・灯油など、特定の危険物のみ取り扱えるの大きく3種類に分類されます。

危険物乙種・丙種は、学歴や年齢による受験資格は問われませんので、誰でも受験できます。
直近の合格率は全国平均で33%程度。この合格率には何度も受験して合格した方も含まれています。
独学での取得は難しくなりつつあり、プロの講義を受けて一発合格を目指しましょう。

資格取得のメリットMERIT

資格保持者優遇や資格必須の求人情報も多いため、就職に有利です。
また、資格手当を支給する会社(優遇制度を実施)も多数あります。特に石油業界ではセルフ給油のガソリンスタンドが増えており、給油許可を出す監視者には必須の資格です。
給油許可監視者は、定年後再就職を希望される方に人気の業務です。

WEB ENTRY WEB申し込みはこちら